館沢亨次が男子1500m予選突破「明日が本番」 2年ぶり3度目の日本一へ

◆陸上 日本選手権・第1日(1日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

 男子1500メートル予選が全2組(2組5着+2)行われ、第2組に出場した17、18年覇者の館沢亨次(DeNA)が3分43秒14で2着。2日18時10分に行われる決勝へ駒を進めた。

 館沢は常に先頭に出られる位置でレースを進め、残り300メートル付近からペースアップ。スパート勝負でも余力を残し、舟津彰馬(九電工)に先着こそ許したが予選を突破した。2日の決勝に向けては「明日が本番。十分な準備ができたと思う。武器を生かせる展開を目指したい」と持ち前の爆発力で勝負を決めるつもりだ。

 男子800メートル前日本記録保持者・横田真人氏の指導するクラブチーム「TWOLAPS」でトレーニングを積む。同じチームで日々練習している田母神一喜や楠康成、飯島陸斗(いずれも阿見AC)と同じ組で予選を戦った館沢。「正直、つぶし合いみたいで同じ組は嫌でしたね。全員と決勝で戦いたかったので…」と話した

 以下、ラップタイム(手動、手元)。

 ▽400メートル=59秒2

 ▽800メートル=2分1秒0(61秒7)

 ▽1000メートル=2分32秒8

 ▽1200メートル=3分2秒0(61秒1)

 ▽1500メートル=3分42秒8(40秒9、舟津)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請