【中日】不調の主砲ダヤン・ビシエドが欠場 外国人ベンチ入り枠の影響

ベンチを外れた中日・ビシエド
ベンチを外れた中日・ビシエド

 ◆JERAセ・リーグ 阪神―中日(1日・甲子園)

 中日の主砲、ダヤン・ビシエド内野手(31)が1日、阪神戦(甲子園)のベンチを外れた。同選手が欠場するのは7月21日の巨人戦で左肘に死球を受け、翌22日の同戦を休んで以来となる。

 今回の欠場は故障ではなく、外国人ベンチ入り4人枠の兼ね合い。この日の先発はヤリエル・ロドリゲス投手(23)で、抑えのライデル・マルティネス投手(23)も当然ベンチ入り。外国人野手ではソイロ・アルモンテ外野手(31)が9戦連続安打中、モイセ・シエラ外野手(32)は1軍2戦目となる9月30日・阪神戦で来日初適時打と初本塁打を放つなど好調だ。一方、ビシエドは直近5試合で18打数2安打と調子が落ちており、この日は休養も兼ねてベンチを外れたとみられる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請