J1札幌MF檀崎サバイバルに勝つ

練習で攻撃センスをアピールする札幌MF檀崎
練習で攻撃センスをアピールする札幌MF檀崎

 J1北海道コンサドーレ札幌MF檀崎竜孔(りく、20)がチーム内競争を勝ち抜き再びピッチに立つ。札幌は30日、次節・仙台戦(3日、札幌ド)に向け同サブグラウンドで練習。前節・神戸戦(0●4)で今季リーグ初出場した20歳は「自信を付けられるよう、練習からやっていく」と出場機会増へ意欲を見せた。

 青森山田高1、3年時に全国選手権を制し19年に鳴り物入りで入団も、2年目の今季、出場はルヴァン杯2戦のみだった。それでも我慢強く鍛錬を重ね、若手主体で挑んだ神戸戦の後半35分から途中出場。得意のドリブルでゴールに迫り、リズムを変える攻撃センスを見せた。神戸の2点目を決めたMF郷家友太(21)は高校の1学年先輩。「目の前で決められて悔しい。自分もワンチャンスをモノにしないと」と刺激を受けた。

 練習中はミハイロ・ペトロヴィッチ監督(62)から、相手DF背後への動き出しなど熱血指導を受けた。来季加入が内定し、特別指定選手で帯同中のFW小柏剛(22)=明大=、中島大嘉(18)=国見高=ら若手攻撃陣がライバル。「常に競争。出場時間を延ばし定位置を勝ち取るためギラギラしたい」。次戦は小6までジュニアチームに在籍した仙台が相手。2戦連続出場も視野に、自身の強みを磨いていく。(川上 大志)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請