「手話落語考案は一番大きな功績」 桂福団治が芸歴60周年記念公演PR

桂福団治芸歴60周年記念公演のPRをした桂福団治(左)と弟子の桂福丸
桂福団治芸歴60周年記念公演のPRをした桂福団治(左)と弟子の桂福丸

 上方落語の重鎮・桂福団治(79)が1日、兵庫・神戸新開地の喜楽館で「桂福団治・芸歴60周年記念4DAYS」(13~16日、喜楽館)に向け、意気込みを語った。当初は3月に予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。自粛期間中、福団治は「私は手話落語を40年間やっているので、手話落語の訓練をしてました。『じゅげむ』を早くできるようになりましたよ」と披露した。今月26日に80歳の誕生日を迎えるが「1つのけじめというか、80をきっかけに何かいろんな面で変化がありますね。認知症とか、体とかね。40年前に声が出なくなった以外は大病はしてません。飲んでこけてケガで入院したぐらいですわ」と笑わせた。

 60周年記念公演を行うにあたり「うれしいこと。タイトルでかみしめて考えるようになりました。何かで1つ役に立つ、芸にプラスになると思っています」と感慨深げに語った。60年を振り返り、声が出なくなった時に考案した手話落語を一番にあげた福団治。「一番大きな功績やったかなと思います。手話落語家も増えて、全国でやってくれている」とうれしそうに話した。

 コロナ禍でオンラインの落語も増えてきたが「話芸だけで、観客の空気の読み方の勉強にならない。そういう意味でも、喜楽館での公演はありがたい」と感謝した。今公演の来場者には、60周年記念千社札ステッカーも、全員に配られることも発表された。

 また、喜楽館では「女性限定 Go to 寄席キャンペーン」として、11月の1か月間、昼席を女性限定で1800円で入場できるキャンペーンを行うことも発表した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請