ドスン!強烈な引きタチウオ106センチ…兵庫・明石港

106センチゲット!タチウオの強烈な引きを楽しんだ矢部さん
106センチゲット!タチウオの強烈な引きを楽しんだ矢部さん

 船でのタチウオテンヤ釣りは餌をくわえた時にテコの原理で掛け合わせる。そのアタリは様々で、いかに掛け合わせるかが肝。大型になると、合わせた時にドスン!と「まるで地球を釣ったか?」と思えるほど動かず、その後はグイグイとトルクのある引きに魅了される。その上、食味もよく、下処理も簡単なので家族へのお土産にも喜ばれる。そんな三拍子そろったタチウオを狙って9月14日、兵庫・明石港の報知フィッシングクラブ「名田屋」に乗船した。

 午前5時、出船して神戸沖へ。市販のスパイラルサンマを半分に切り、50号で統一されたテンヤにグルグルとワイヤーで巻いてセット完了だ。

 「水深72メートル。どうぞ」のアナウンス。みんなが一斉に真下に落とすとお祭りしやすくなるので、10~15メートルほど沖へキャストした。着底後、リールを5回巻いてストップ。数秒待ってアタリがなければ、ワンピッチジャークで3回アピールして5秒ストップ。アタリがあれば即合わせしたが、1シーズン振りなので空振りが多発…。

 ならば作戦変更。アタリが出たらリールを巻き、竿先が引き込まれたら合わせる釣り方にした。するとヒット率が上がり、胴の幅が指3本前後のサイズをキャッチした。

 約2時間後、活性がアップしてアタリが頻発し出した。感覚も取り戻したので「こんな時は即合わせ!」と再びシフトチェンジすると、数連発の入れ食いに。ヒットするタナは60メートル付近だ。沖へキャスト後は、リールのカウンターがキャスト距離+タナを示したところでラインを止める。そして、カーブホールやゆっくりリーリングして、そのタナを長くアピールすればやや活性が落ちた時でも有効だった。

 「やっぱりタチウオ釣りは面白い」と気分良く釣っていると、ふいにフッとテンションが抜けた。食い上げたアタリだ。急いでリールを巻き、重みを感じた時に合わせると「ドスン」と一瞬動かない。「よっしゃ!」。電動リールの巻く音が「ウイーン、ウイーン」と強い引きで時々変化する。現れたのは胴の幅が指4本強の良型だ。「バレるなよ」と祈るような気持ちで抜き上げた。ドスッと船の床に横たわったのは106センチ!

 その後は活性落ちで退屈な時間もあったが、納竿前のプチラッシュで6尾を追加。最終釣果は70~106センチを40尾だった。タチウオはこれからが本番。皆さんもチャレンジしてください。

(報知APG・矢部 卓)

 ◇問い合わせ 「名田屋」(TEL078・912・7211)へ。ホームページあり。

 ◇料金 タチウオ釣り乗合船は平日6500円、土日祝7000円(餌付き)。他にノマセ釣りや半夜アオリイカ釣り(15日まで)も出船。仕立て船も予約受け付け中。

 ◇時間 現在は午前5時から。時期や天候によって異なるので要確認。

 ◇その他 乗合船のスタンプカード、貸道具、仕掛けの販売、宿泊先の紹介、明石駅からの送迎(要予約)、無料駐車場あり。毎週火曜日は定休。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請