【オリックス】ドラ1宮城大弥、高卒投手一番乗りで4日先発デビュー

宮城大弥
宮城大弥

 オリックスのドラフト1位・宮城大弥投手(19)が、4日の楽天戦(京セラD)でプロ初登板初先発することが30日、確実となった。中日・石川昂に先を越されたが、高卒投手ではデビュー一番乗り。近日中に1軍へ合流する。

 沖縄・興南高から入団し、今季はウエスタン・リーグで11試合に登板。5勝2敗、防御率2・90の成績を残している。球団の育成方針によってファームで順調に成長。育成出身のルーキー・大下ら若手を積極的に起用している中嶋監督代行は「(1軍で)使いたいのは使いたいけど、お試しの選手じゃない。いろいろと探りながら」と左腕について語ってきた。

 入場制限が緩和された本拠地でのお披露目。リーグトップのチーム打率、得点を誇る楽天打線を相手にした、金の卵の初戦に注目が集まる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請