【オリックス】増井浩俊、6回2安打無失点!約4年ぶり先発勝利の権利を手に降板

好投した増井浩俊
好投した増井浩俊

◆パ・リーグ オリックス―西武(30日・京セラドーム大阪)

 オリックスの増井浩俊投手(36)が、今季3度目の先発で6回2安打無失点の好投を見せた。

 2回先頭の栗山に二塁打を浴びるも、後続を3人斬り。5回と6回に迎えた2死一、二塁の危機も、粘り強い投球で踏ん張り、西武打線に得点を許さなかった。

 5四死球を与えるなど4回を除き走者を背負う苦しい展開だったが、あと一本を許さないベテランらしい投球内容。日本ハム時代の16年9月24日以来、1467日ぶりの先発勝利の権利を手にマウンドを降りた。

 増井は「四球でランナーを出してしまったり、毎回の様にランナーを背負いながらのピッチングになってしまい、内容にはそんなに納得できていません。ただ、甘い球もありましたが、ミヤビ(松井雅)がうまくリードしてくれましたし、バックが難しい打球を捕ってくれたりと、なんとか6回を0で抑えられたことはよかったと思います」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請