藤井聡太2冠の地元、愛知県瀬戸市大喜び 10月1日に祝福花火200発打ち上げ

会見で「2冠」と書かれた色紙を手に笑顔を見せる藤井聡太2冠
会見で「2冠」と書かれた色紙を手に笑顔を見せる藤井聡太2冠

 将棋の藤井聡太2冠(18)=王位、棋聖=の出身・在住地の愛知県瀬戸市は29日、地元が誇る英雄の史上最年少2冠獲得と史上最年少八段昇段を祝福するため、10月1日に記念の花火を打ち上げると発表した。

 市シティプロモーション課によると、花火は1日午後7時半から約20分間、約200発の5号玉を打ち上げる。藤井2冠の顔型や駒型などの仕掛け花火は予定していないものの、花火の開始時と終了時には「スターマイン(速射連続花火)」で夜空を彩り、地元のスターを祝福する。

 約20分間、約200発というのは特に「2冠」を意識したものではなく、予算の上限によるプログラムのボリュームが「2」で一致した。新型コロナウイルス感染予防のため、観覧席などは設けず、打ち上げ場所も事前には公表しない。

 藤井2冠の活躍を受けて設立された瀬戸将棋文化振興協会が発案し、24事業者が協賛して実施の運びとなった。コロナの早期収束への願いと医療従事者への感謝も込める。実施日は市制記念日の10月1日が選ばれた。異例とも言える「10月の打ち上げ花火」だが、異例尽くしの活躍でダブルタイトルホルダーまで駆け上がった18歳を祝うにふさわしい趣向とも言えそうだ。

 日本有数の陶器の産地として知られる瀬戸市。毎年9月には「せともの祭」が開催され、約20万人もの来場者でにぎわうが、今年はコロナの影響で中止になった。祭の開幕を告げる名物の打ち上げ花火も今年はおあずけとなっていただけに、藤井2冠の活躍が市民の楽しみをよみがえらせた形となった。

 藤井2冠は5日、王将リーグの豊島将之竜王(30)=叡王=戦を控える。過去、公式戦5戦全敗と白星がない実力者との6度目の決戦直前、故郷の夜空に浮かぶ花火を目にして、必勝の誓いを立てることになりそうだ。

 ◆瀬戸市(せとし)愛知県北部に位置する自治体。人口12万9204人(9月1日現在)。日本有数の陶器の産地。総称が「せともの」とされたのは「瀬戸焼」が由来。うなぎの名店が多数あることでも知られる。B級グルメは「瀬戸しょうゆ焼きそば」。主な出身者に瀬戸朝香(女優)、伊藤隼太(阪神)ら。

将棋・囲碁

×