【楽天】首位・ソフトバンクとの3連戦初戦に敗れ自力V再消滅…三木監督「どういう状況になろうがやり返せるように」

4連敗にベンチで呆然とする三木肇監督ら
4連敗にベンチで呆然とする三木肇監督ら

◆パ・リーグ 楽天2―6ソフトバンク(29日・楽天生命パーク)

 楽天が逆転負けで今季最長タイの4連敗。自力優勝の可能性が再消滅した。

 先発・則本昂は4日・オリックス戦で右手を負傷しており、約1か月ぶりの1軍マウンド。3回まで無失点に抑えていたが、1―0の4回は川瀬に同点打を献上。同点の5回1死一、二塁では栗原に3ランを被弾するなど、5回途中6安打5失点で4敗目を喫した。

 打線もエース・千賀相手に初回は島内の適時二塁打で先制したが、その後は崩すことができず。今季4度目の対戦で0勝3敗となった。

 三木監督は「今日からのソフトバンクさんとの3連戦が大事な試合になるのはチームで分かっていたのですが、こういう結果になってしまって申し訳ない。今日こういう形になってしまったことをしっかり受け止めて、どういう状況になろうがしっかりやり返せるようにしたい」と険しい表情で語った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請