東京五輪組織委SD、室伏氏後任に小谷実可子氏…新たな「顔」として期待

 東京五輪組織委が、10月1日付でスポーツ庁長官に就任する陸上男子ハンマー投げ五輪金メダリストの室伏広治氏(45)の後任のスポーツディレクター(SD)として、シンクロナイズドスイミング(現アーティスティックスイミング)の1988年ソウル五輪銅メダリストの小谷実可子氏(54)を起用する方針を固めたことが29日、分かった。

 小谷氏はソウル五輪で夏季大会の日本選手団で初の女性旗手を務め、ソロとデュエットで3位になった。英語が堪能で東京大会の招致活動にも尽力した経験がある。新型コロナの影響で来夏に延期となった大会で、新たな「顔」として期待される。現在は日本オリンピック委員会(JOC)理事で、東京大会では選手村の副村長に決まっている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請