馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 中京 小倉

【スプリンターズS グランアレグリアゆけ(2)】安田記念時の状態落とさず充電完了

グランアレグリア
グランアレグリア

◆第54回スプリンターズS・G1(10月4日・芝1200メートル、中山競馬場)

 安田記念を制したグランアレグリアはレース後、福島県のノーザンファーム天栄に移動して休養に入った。アーモンドアイを含むレース史上最多のG1馬10頭というハイレベルな一戦だったが、激闘のダメージはなく元気いっぱいだったと言う。

 同ファームの木実谷(きみや)雄太場長(40)は、「軽い発熱でヴィクトリアマイルを回避しての安田記念でしたが、走った後も全く影響はなく、むしろ状態がすごく良くて、使えるレースがあれば走らせたかったくらいでした」と振り返った。

 それだけに秋に向けての調整は、簡単ではなかった。「いい状態をキープ、といっても調教をビシビシやるわけにはいかないですからね。さじ加減が難しかったですが、トラブルもなく順調にこられたと思います」

 今年の牧場は雨の日が多く、暑い期間が長くなかったことも幸い。約3か月間の放牧で状態が落ちることはなく、無事に9月上旬に美浦トレセンに帰厩した。「あとは厩舎にお任せして、レースまで無事にいってほしいという気持ちですね」と木実谷場長。追い切りを残しているが、ここまでは順調にG1・3勝目に向けて歩を進めている。(特別取材班)

 ■陣営手応え「大人の女性になった」

 安田記念でアーモンドアイを撃破してから4か月ぶりの実戦。29日は坂路を軽快に駆け上がり、調子の良さをうかがわせた。大江原助手は「帰ってきてから10キロくらい増えて良くなっている。精神面も若い女性という感じから大人の女性になった。競馬も乗りやすくなっているし、一歩一歩がしっかりしている」と成長を感じ取る。きょう、ルメールを背に最終追い切りを行う。(美浦)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請