「半沢直樹」今シリーズ最高32・7%でフィニッシュ…花役の上戸彩「生きていれば何とかなる」が共感呼ぶ

TBS系日曜劇場「半沢直樹」の第10話
TBS系日曜劇場「半沢直樹」の第10話
週刊TV視聴率トップ10
週刊TV視聴率トップ10
半沢直樹の視聴率
半沢直樹の視聴率

 俳優・堺雅人(46)主演のTBS系日曜劇場「半沢直樹」(後9時)の最終回(27日放送)の平均世帯視聴率が32・7%だったことが28日、分かった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 香川照之(54)演じる大和田の「お・し・ま・いDEATH!」や、半沢の「3人まとめて1000倍返しだ!」などの名言が次々と飛び出し、毎週のようにツイッターでのトレンド1位に。世の中を席巻したモンスター・ドラマは、最高のフィニッシュを決めた。

 前回から8・1ポイントと大幅増で番組最高を更新。NHK、民放を通じてドラマの30%超えは、2013年9月22日に放送した前作「半沢直樹」の最終回(42・2%)以来、7年ぶり。初回の22・0%スタートから“沈没ッ”することなく、全話20%超えは、14年のテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」以来。個人視聴率も21・5%で令和1位を更新。テレビ離れ、タイムシフト視聴が進む中、“規格外”の数字をたたき出した。

 最終回の全国での到達人数は最高の3335万4000人を記録。全話(生放送を含む11週)で延べ2億7981万6000人が「半沢」を楽しんだことになる。

 香川をはじめ、市川猿之助、片岡愛之助、古田新太、柄本明…。一癖も二癖もある濃いキャラクターに立ち向かって不正を許さない半沢の姿に全国の視聴者が歓喜し留飲を下げた。半沢の妻・花(上戸彩)の「仕事なんてなくなったって、生きていれば何とかなる」もツイッター上で共感を呼んだ。多くの話題を提供し、半沢直樹が有終の美を飾った。

TBS系日曜劇場「半沢直樹」の第10話
週刊TV視聴率トップ10
半沢直樹の視聴率
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請