草ナギ剛「現実として受け止められない」竹内結子さん急死に沈痛

映画「ミッドナイトスワン」の舞台あいさつに登壇した草ナギ剛
映画「ミッドナイトスワン」の舞台あいさつに登壇した草ナギ剛
竹内結子さんの主な出演作
竹内結子さんの主な出演作
竹内結子さんの歩み
竹内結子さんの歩み

 女優の竹内結子さん(享年40)の急死が明らかになった27日、ゆかりの芸能人も衝撃を受けた。元SMAPの俳優・草ナギ剛(46)は都内で映画「ミッドナイトスワン」(内田英治監督)の舞台あいさつに登壇後、映画「黄泉がえり」(2003年)などで共演した竹内さんとの思い出を語った。突然の悲報に「現実として受け止められない」と困惑しつつ、「一緒に作品を作り上げた仲間。離れていても僕の心の中にある方だった」と別れを惜しんだ。

 1997年放送のフジテレビ系ドラマ「いいひと。」で初共演してから23年。草ナギにとって竹内さんは共演機会が多く、長年苦楽を共にしてきた同志のような存在だった。この日の朝、報道を通じて訃報を知った瞬間、ショックのあまり言葉を失った。

 報道陣に囲まれた草ナギは時折、両手で顔を覆いながら「とても悲しいですね」と声を絞り出した。初共演時、デビューしたばかりの竹内さんは17歳。「結子ちゃんはお芝居の仕事を始めたばかりで、ゲスト出演だった。それでも結子ちゃんが演技にかける情熱は素晴らしく、初めて会った時から輝いていた。本当に素晴らしい女優さん」と振り返った。

 特に印象に残っているのは夫婦役を演じた映画「僕と妻の1778の物語」(11年)の撮影期間中、スタジオでイノシシ鍋を食べたこと。「結子ちゃんが差し入れで肉を持ってきてくれて、せっかくだから鍋にしようと。めちゃくちゃ気配りのできる方で、僕の方が年上なんですけど、感謝しかありません」。熊本県阿蘇地域で映画「黄泉がえり」のロケを行い、大自然をバックに撮影したことも忘れられないという。

 竹内さんの人柄は「撮影中と、そうじゃない時の隔たりがない。表裏がなく、本当に変わらない方」と評する。最後に会ったのは、2年前。キヤノンのミラーレスカメラのテレビCMで竹内さんが草ナギの愛犬でフレンチブルドッグのクルミちゃんと共演することになり、撮影現場で顔を合わせたという。CMは竹内さんがクルミちゃんを抱き、笑顔で話しかけるシーンが印象的に仕上がっている。

 報道陣から天国の竹内さんへのメッセージを求められると「まだ、整理がつかないので、ゆっくり心の中で『さよなら』という言葉が、言える時が来たら、胸の中で話したいと思います」と涙をこらえて語った。

 ◆自殺を防止するために厚生労働省のホームページで紹介している主な悩み相談窓口

 ▼いのちの電話 0570・783・556(午前10時~午後10時)、0120・783・556(午後4時~同9時、毎月10日は午前8時~翌日午前8時)

 ▼こころの健康相談統一ダイヤル 0570・064・556(対応の曜日・時間は都道府県により異なる)

 ▼よりそいホットライン 0120・279・338(24時間対応) 岩手、宮城、福島各県からは0120・279・226(24時間対応)

映画「ミッドナイトスワン」の舞台あいさつに登壇した草ナギ剛
竹内結子さんの主な出演作
竹内結子さんの歩み
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請