【鹿島】連勝7でストップ…ザーゴ監督「ホームで止まって非常に残念だ」

◆明治安田生命J1リーグ第19節 鹿島0―2大分(27日・カシマサッカースタジアム)

 鹿島の進撃が止まった。17本のシュートを放ったが無得点。後半は大分にペースを握られ、2失点を喫した。連勝が7でストップし、ザーゴ監督(51)は「連勝はいつかは止まるものだと分かっているが、ホームで止まって非常に残念だ」と悔しさをみせた。

 DF犬飼が出場停止、MF土居が負傷で欠場。サイドバックには今季リーグ戦初出場のDF山本が入り、連勝を支えた攻守の連係に変化があった。同監督は「残り試合はまだある。盛り返すチャンスはある。1敗したところで、お互いの信頼関係を失う必要はない。1位を目指さなきゃいけない」と前を向いた。

試合詳細

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請