山下真瑚、4回転サルコー挑戦で回転不足「西日本とか全日本でも入れようと思っている」…中部選手権で優勝

山下真瑚
山下真瑚

◆フィギュアスケート 中部選手権 最終日(27日、名古屋市・邦和スポーツランド)

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の山下真瑚(17)=中京大中京高=が112・59点、合計178・23点で優勝した。

 山下は冒頭に「やろうと決めていた」という4回転サルコーに挑戦するも、回転不足を取られた。約2年前から練習に着手していたが、けがなどもあり、一時練習を回避。今年のコロナ禍での自粛明けから本格的に4回転サルコーの練習を再開したと言い、「全然きれいに降りたこととかはないんですけど、西日本とか全日本でも入れようと思っている」と明かした。

 10月29日~11月1日の西日本選手権に向けては「SPもフリーも完璧にして、通過して、全日本に行く。そこでは『やっぱり真瑚のジャンプはすごいな』『スケーティング好きだな』と思ってもらえるようにしっかり練習していきたい」と語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請