【中日】木下雄介、丸の打球が右前腕直撃…負傷交代

丸佳浩の適時内野安打の打球が右肘に当たり降板する木下雄介
丸佳浩の適時内野安打の打球が右肘に当たり降板する木下雄介

◆JERAセ・リーグ 巨人―中日(27日・東京ドーム)

 中日の木下雄介投手(26)が打球の直撃に遭って負傷交代した。

 0―4の7回から4番手としてマウンドへ。先頭・松原に右中間への三塁打を浴びたが、坂本を遊ゴロ、岡本を空振り三振に仕留め、打席に丸を迎えた。2ボール1ストライクから高め変化球を捉えられ、強烈なピッチャー返しに。驚愕(がく)の表情を浮かべた木下雄は懸命にグラブを差し出して捕球しようとしたが、打球は利き腕の右前腕に直撃してしまった。

 痛みと5点目の適時打を献上した悔しさで、マウンド上で膝に両手をつき、駆けつけたトレーナーと言葉を交わした木下雄。厳しい表情でベンチ裏へ戻ると、藤嶋との交代を告げられた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請