【石川】星稜が2者連続本塁打などで金沢にコールド勝利「甲子園に行って2人でホームランを打ちたい」

左越え場外弾を放った星稜の5番・谷端
左越え場外弾を放った星稜の5番・谷端

◆秋季高校野球石川県大会 準々決勝 星稜8―1金沢=8回コールド=(27日、石川県立)

 伝統の一戦は、星稜が14安打の猛打爆発で金沢に快勝した。5回先頭から2者連続アーチを放ったのが、4番・中谷大翔捕手(やまと、2年)と5番・谷端将伍三塁手(2年)のクリーンアップコンビだ。4番・中谷が甘いストレートを左中間スタンドへ運ぶと、続く5番・谷端は内角球を左越え場外ホームラン。谷端は「中谷がいい形でつなげてくれた。迷いなく振り抜けました」と笑顔を見せた。

 2人で一緒に切磋琢磨してきた。自主練習ではティー打撃でお互いにボールをトスし、フォームをチェック。素振りは1日に600~700本をこなしてきた。中谷は「普段、谷端はおしゃべりで、結構うるさいですが、打席に入ると頼りになる」と信頼を寄せれば、谷端は「甲子園に出場して、2人でホームランを打ちたい」と目標を語る。

 寺井との準決勝(29日)に勝利すれば、北信越大会(10月10日開幕、富山)に出場が決まる。「初めての4番ですが、前後にすごいバッターがいるので、プレッシャーはありません」と中谷。長打力抜群のクリーンアップコンビで、北信越切符をつかみ取る。

(中田 康博)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請