山口達也元メンバー逮捕にTOKIO城島茂が初言及「残念な気持ちはあるが、人として終わってほしくない」

TOKIO
TOKIO

 TOKIOのリーダー・城島茂(49)が26日、司会を務めるテレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」(前6時)に生出演した。22日に酒気帯び運転の疑いで警視庁に逮捕され、24日に釈放された山口達也元メンバー(48)に対して「飲んで運転することは、人としてあるまじきこと」などと厳しい言葉を投げかけた。

 逮捕から4日、現メンバーが初めて口を開いた。逮捕を報道で知ったという城島は「まさかという思いがあった。(逮捕の映像を)直視できない自分がいた」と複雑な心境を吐露した。

 TOKIOに対する再びの裏切り行為だった。18年4月には未成年女性に対する強制わいせつの容疑で警視庁に書類送検された。山口元メンバーはジャニーズ事務所を契約解除となり、グループも脱退した。当時、4人に対して「酒はきっちりやめるし、ちゃんと治していく」と謝罪したが、その言葉もむなしく、また飲酒に絡むトラブルを起こした。

 契約解除後、山口元メンバーが1人で生活を送ってきた心情を推し量りながらも「自分だけがつらいわけではないし、自分だけが頑張っているわけでもないし、自分だけがという状況じゃないということを分かってほしかった。まだ甘い部分が残っていたのかなと。これまでの反省や日々の2年間が無駄になってしまう」と憤りや悔しさなどさまざまな感情を交錯させた。

 山口元メンバーとはジャニーズJr.時代から約30年もの間、同じ道を歩んできた。「残念な気持ちはあるが、人として終わってほしくない。今回のことを改めて受け止めて一歩ずつ確実に未来に向かって、自分の明日に向かって進んでいってほしいというのが切なる願いです」と言葉を向けるのが精いっぱいだった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請