【巨人】畠世周、5回途中2失点…宮本コーチは追い込んでから5安打「疑問」原監督も「△」

5回1死二塁、京田に先制2ランを浴びた畠は厳しい表情を見せる
5回1死二塁、京田に先制2ランを浴びた畠は厳しい表情を見せる

◆JERAセ・リーグ 巨人2―3中日(26日・東京ドーム)

 畠は自身への怒りを抑えきれず、グラブをたたいて悔しさをあらわにした。両軍無得点の5回1死二塁。京田に初球のカットボールを右翼席上段へと運ばれ先制点を献上。その後2死二、三塁となったところで降板となった。5回途中6安打2失点に「試合展開の中で本塁打はもっと注意しなければいけませんでした」と肩を落とした。

 だが、首脳陣が指摘したのはそれ以外のヒットを許した場面だ。本塁打以外の5本の安打は全て2ストライクと追い込んでからのもの。宮本投手チーフコーチは「(追い込んだら)ボール球で勝負するということ。その決断をして投げているのか疑問ですね」と話した。3ボールになっていたのは一度だけ。投手有利なカウントにおいて、ストライクからボールになる球などで凡打や空振りを誘うことが必要と説いた。

 前回登板した20日のDeNA戦(横浜)では左肘違和感で登板を回避したメルセデスに代わって緊急先発。6回2安打無失点の好投で自身712日ぶりとなる1勝をつかんだ。その際、次回が大事と言っていた原監督も「三角だね。彼はうちの主戦投手になってもらわないと」と奮起を促した。この登板を、次戦への糧にする。(河原崎 功治)

映像提供:GIANTS LIVE STREAM
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請