馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 福島

真打ちになるか(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は結構、お久しぶりなんですよね、中京競馬場からのパッチパチ。では、本日もパッチパチといきますか。

 さて、先月の小倉出張に続き、今月も名古屋へ向かうために乗ったのはもちろん、新幹線。新大阪からわずか50分ほどなんですけど、昨日は人が非常に少ない車内で当ブログの後半分をパッチパチしていたんです。それで、もうすぐ名古屋というところで、パソコンを片付け、ドア付近で到着を待っていたんですが、何か妙な違和感が…。何と、本当に直前で大きなトランクケースを荷台に置きっぱなしだったことに気づいたのです。急いで座席に戻り、飛び降りるように電車から出ましたが、本当に危なかった。

 このコロナ禍の中、旅行に行くなんてなくなり、トランクケースを持ち歩くことが非常に減っているんですよね。いつも財布などが入っているポーチと、仕事道具を入れているバッグの二つ。この習慣が体に染みこんでいるもんだから、普通に大事なモノを忘れかけたりする。久々にドタバタしましたけど、何とも情けない話です。ちなみに新大阪から小倉までの車内で飲んでいて、軽くウトウト→もうすぐ小倉のアナウンスに飛び起きて下車も、トランクを置き忘れるという失態、一度経験しております。後日、トランクのみ送っていただくことに…。皆さん、新幹線移動は時間に余裕を持ちつつ、車内での飲酒は控えめに―。

 ということで、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 やっぱり中京5R、注目の【ルペルカーリア(牡、父モーリス、母シーザリオ)】のデビュー戦でしょうね。友道調教師にとっては父のモーリスも、母のシーザリオも血統的には縁が遠いんですが、シーザリオの子供といえば気性面という点が一つのポイントになりますよね。「この馬に関しては、シーザリオの子供というイメージとは違う。おとなしくて、手がかからないですよ」と指摘します。

 その中で順調に調教を積み重ねてのデビュー戦。「やはり、センスのいい走りをしているなという感じ。切れるというより、長くいい脚を使えそうなタイプだと思います」と分析します。よくよく考えると、シーザリオの子供って、のちの競走成績を考えれば当たり前かもしれないけど、新馬から結構なインパクトを残すことが多かったりする。ちなみに、調べてみると中央でデビューした8頭中、6頭が初戦で勝っていたりするんですよね。まぁ、いずれにせよ、現地でしっかりと見届けたいと思っています。

 ここからはPOG情報。まずはデアリングタクトの無敗3冠を控える杉山晴厩舎です。来週の中京ダート1800メートルで【アリーヴォ(牡、父ドゥラメンテ、母エスメラルディーナ)】がデビューします。鞍上は北村友J。お母さんは日本だけでなく、韓国でも重賞を勝った牝馬ですよね。「現状は(芝と)どちらでもいけそうですけど、お母さんもダートで走っていましたからね。坂路でも十分に動けていると思います」と手応えを感じています。翌週の京都開幕週、芝マイルには高倉Jで【グレイスキッパー(牝、父カレンブラックヒル、母スモーキークォーツ)】がスタンバイしています。「動きは素軽いですよ。仕上がり早のタイプだと思います」と感触は悪くありませんね。

 あと、近いうちにダートで【ナムラテス(牝、父ダイワメジャー、母ナムラシゲコ)】がデビューを予定しています。こちらはナムラビクターやナムラアラシの下になります。「自分を持っているというか、気の強い面があって、それが競馬でどう出るか。体の使い方なんか、いいモノは持っていますよ」と説明してくれました。最後に新潟で未勝利を勝った【フォティノース(牝、父ドゥラメンテ)】なんですが、萩Sで復帰することになりました。この馬、結構注目しているんですよ。

 高野厩舎では兄にチュウワウィザードを持つ【トリニタリアニズム(牡、父エピファネイア、母チュウワブロッサム)】が次開催の京都1週目、ダート1800メートルあたりを目標に調整されていくようです。「兄にならって、まずはダートから入りますが、底力という点で物足りなさは物足りなさがありますね」と高野調教師はこれからの成長を期待しています。

 最後に松永幹厩舎。中京開幕週の未勝利で2着だった【チカリヨン(牝、父ハーツクライ)】は来週3日の中京芝マイルをルメールJで予定しています。あと、同じく来週3日の芝2000メートルで【オスタークラング(牝、父ルーラーシップ、母ラフォルジュルネ)】がルメールJでデビュー予定。ただ、現状では「幼くて緩いので、使いながら良くなってくれれば」と松永幹調教師は少し慎重でした。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

中山3R・15キョウエイロナ(かなり穴っぽい狙いですが、ここ2戦はスムーズさを欠いている。脚は十分にありそう。中山マイルの外枠も、下り坂の天気で追い風にならないか)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

中京8R・8アイロンワークス(間隔を空けて、立て直してきた。タフなコースの方が合うはず)

中京10R・16シェパードボーイ(揉まれ込まず、先行できるなら、この距離がベストの印象)

中山11R・4センテリュオ(差し馬だが、小回りの方が合う。一瞬の脚が生きれば、ここでも)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請