【宮城】4番・吉野3打席連続タイムリー 仙台育英9年連続決勝進出

5回1死二塁、3打席連続適時打となる右越え三塁打を放つ仙台育英・吉野(カメラ・小林 泰斗)
5回1死二塁、3打席連続適時打となる右越え三塁打を放つ仙台育英・吉野(カメラ・小林 泰斗)

◆高校野球秋季宮城県大会 ▽準決勝 仙台育英12―2柴田(26日・楽天生命パーク)

 仙台育英が柴田に15安打12得点の猛攻で6回コールド勝ち。9年連続決勝進出と9年連続東北大会出場を決めた。4番・吉野蓮(2年)が3回の勝ち越し打を含む3打席連続タイムリーで打線を引っ張り、チームは7つの盗塁を成功させるなど、機動力も絡めた攻撃で相手を圧倒。先発の松田隆之介(2年)は、3回に連打を浴びて2失点したが、大きく崩れることなく安定感のある投球で6回2失点でまとめた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請