【F東京】直近2試合完封に貢献のDF中村帆高「結果を求めていきたい」

練習中に笑顔を見せるF東京のDF中村帆高(チーム提供)
練習中に笑顔を見せるF東京のDF中村帆高(チーム提供)

 F東京は26日、鳥栖戦(27日・駅スタ)に向けて都内で最終調整を図った。トレーニング後にDF中村帆高がオンライン取材に応じ、意気込みを話した。

 9日の横浜C戦から3試合連続で先制を許す厳しい展開が続いたが、仙台戦、C大阪戦とここ2試合は完封勝利を収めている。中村も直近2試合にフル出場し、積極的なプレーで存在感を見せているが「数試合前は、自分の甘さとかで失点したことも多かった。そういう意味でチームに貢献できているとは全く思っていない」と謙虚な姿勢を示す。

 大卒1年目の今季はここまで15試合に出場し、10試合が先発。試合数を重ねるごとに手応えも感じ「今は調子も上がってきているので結果を求めていきたい」とさらなる成長を見据えた。

 今季の20試合が終了し、先制した試合は9試合。うち逆転負けしたのはわずか1試合にとどまる。また勝利した8試合中で完封が7試合と、先制することが攻守においてチームに安定感をもたらしている。8月1日のホーム・鳥栖戦は先制され、一度は追いついたが2―3で敗れた。出場すれば中2、3日での3試合連続となるが、中村は「東京らしく堅実に守って、いい形から速攻で点を取って勝てればと思う」と気合いを込めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請