【大阪】大阪桐蔭の来秋ドラフト候補・池田陵真が3戦連発 4試合連続コールド勝ちで8強

5回1死、大阪桐蔭の宮下隼輔が左越えにソロ本塁打を放つ
5回1死、大阪桐蔭の宮下隼輔が左越えにソロ本塁打を放つ

◆秋季大阪府大会 ▽5回戦 大阪桐蔭8―1箕面学園=8回コールド=(26日・南港中央球場)

 大阪桐蔭が4試合連続でコールド勝ちし、8強入りを決めた。5回1死、3番の宮下隼輔三塁手が左越えにソロ本塁打を放つと、続く主将の池田陵真中堅手(ともに2年)が3試合連続となる本塁打を左翼に放り込んだ。

 来秋ドラフト候補に挙がる池田は「1、2打席目は失敗したので、修正してセンター返し中心にしようと思った」と、高校通算15号を振り返った。

 前チームでは主に1番を務め、新チームから4番に座る。初回1死一、三塁では先制の左犠飛を放つなど、2安打2打点。「(4番は)打ちやすい。警戒されるが、打ち返していくのが桐蔭の4番」と、頼もしかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請