【巨人】坂本勇人の真価 驚異的な粘りに原監督「ジャイアンツの選手は見習ってもらいたい」

8回1死二塁、左へ適時二塁打を放つ坂本勇人
8回1死二塁、左へ適時二塁打を放つ坂本勇人

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人8―4中日(25日・東京D)

 巨人の坂本勇人内野手(31)が最終打席で見せた粘りに、原監督がうなった。

 3点リードの8回1死二塁。150キロ超の剛球でどんどん攻めてきたゴンサレスに対してことごとくファウルで食らいつき、最後は10球目の低めスライダーをとらえた。左翼フェンス直撃の適時二塁打で、ダメ押しの1点を奪った。

 原監督は「ジャイアンツの選手は見習ってもらいたいな。ファームの選手も、育成選手もね。ああいう状況で、あれだけ粘れる。そこは強さというか、打者として一番大事なもの」と絶賛した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請