【楽天】接戦を落として連勝は5でストップ 天敵・メヒアに3打点を許し三木監督「同じ打者に打たれすぎな感じがある」

先発の塩見貴洋
先発の塩見貴洋

◆パ・リーグ 西武5―4楽天(25日・メットライフドーム)

 楽天が接戦を落として連勝は5でストップした。

 先発・塩見がメヒアに2打席連続適時打を浴びるなど4失点。打線は島内が2打席連続適時打、鈴木大の適時打、銀次の犠飛で6回に同点に追いついたが、7回に牧田が先頭打者への四球から1死二塁としてスパンジェンバーグに勝ち越し打を浴びた。

 メヒアには今季被打率4割6厘と天敵となっていることもあり、試合後、三木監督は「ちょっと同じ打者に打たれすぎな感じがあるよね。しっかり対策しないと」と話した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請