ゴールドグラブ7度のロイヤルズのゴードン外野手が今年限りで引退表明

スポーツ報知
アレックス・ゴードン(ロイター)

 ロイヤルズで7度のゴールドグラブ賞、3度のオールスター戦選出の名左翼手アレックス・ゴードン(36)が24日(日本時間25日)、「家族のもとに戻る時だ」と今年限りの引退を表明した。

 2005年ドラフト1巡指名でロイヤルズ入りしたゴードンは三塁手でメジャーデビューも、左翼にコンバートされた5年目以降、名外野手として君臨。特に鉄壁の左翼守備は昨年まで7度のゴールドグラブに輝いた。

 2015年にチーム30年ぶりのワールドチャンピオンにも貢献した。

 昨年末にFAになった際、一度は引退を考えていたそうだが、1年契約で残留。今季は46試合に出場し打率2割1分1厘、4本塁打だった。ロイヤルズ一筋の通算成績は1749試合に出場し2割5分7厘、190本塁打だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×