蓮舫氏、東日本大震災からの「復興」の記述消えた政府方針を批判「『一丁目一番地』から明らかに後退した」

蓮舫氏
蓮舫氏

 立憲民主党の蓮舫参院議員(52)が25日、自身のツイッターを更新。菅内閣が初閣議で決定した「基本方針」の中で安倍内閣で掲げていた東日本大震災からの復興に関する記述がなくなったことを批判した。

 この日、記述が消えた点について、平沢勝栄復興相(75)が会見で「たまたまそういうことになった」と釈明したという記事を貼り付けた蓮舫氏。

 「『苦しい』ではなく『おかしい』と指摘を。『一丁目一番地』から明らかに後退したことを指摘するのがメディアの役割」とマスコミにも求めた上で「もちろん、国会でも問うべきことです」と菅政権との対決姿勢をあらわにしていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請