【宮城】仙台育英が4強。吉野蓮が2安打2打点で勝利に貢献

6回1死三塁から中前適時打を放つ仙台育英・吉野
6回1死三塁から中前適時打を放つ仙台育英・吉野

◆高校野球秋季宮城県大会 ▽準々決勝 仙台育英9-0東陵(23日・石巻市民)

 準々決勝4試合が行われた。仙台育英は13安打の猛攻で、東陵に9―0で7回コールド勝ちした。初めて4番に座った吉野蓮一塁手(2年)が3回の先制打など、3打数2安打2打点の内容だった。

 初めての4番でその役割を存分に果たした。仙台育英・吉野が3回無死満塁から先制の左前適時打、7―0の6回1死三塁から中前適時打など、3打数2安打2打点に「いいところで(打席が)回ってきて、調子も上がってきたのかなと思う」と納得の表情だ。今大会ここまで6番、5番と打順が一つずつ上がり、この日は4番。他の選手とのバランスを考慮しながらも、須江航監督(37)は「この打順が一つの答えかな」と手応えを語った。

 この日のスタメンには1年生が3人入った。1年時からレギュラーとしてプレーしていた吉野は、当時を思い出し「緊張していたけど声をかけてもらってほぐれた。自分も(彼らの)緊張をほぐしてあげたい」。打撃で貢献するだけでなく、守備でも一塁から今まで以上に周囲へ声をかけ、チームを引っ張っている。

 4強入りを決めて東北大会まであと1勝となった。準決勝は柴田戦。指揮官は「一つ勝たないと何も始まらない。緊張感を持って戦いたい」と前を向いた。9連覇達成、その先にある東北王者へ、仙台育英が歩みを緩めずに向かっていく。(広)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請