【オリックス】猛打爆発で天敵・ソフトバンク退治 今季初の3カード連続勝ち越し決めた

5回、右中間への二塁打を放つオリックス・太田
5回、右中間への二塁打を放つオリックス・太田

◆パ・リーグ ソフトバンク5―10オリックス(23日・ペイペイD) 

 オリックス打線が爆発し、今季初の3カード連続勝ち越しを決めた。初回から相手の武田に襲いかかり、伏見の3号2ランなどで4イニング連続の得点。大量援護をもらった先発・田嶋は5回2失点で3勝目を挙げた。

 5勝14敗1分けとなった今季のソフトバンク戦で、16安打10得点はともに最多。2年目の太田はプロ初の4安打を放った。中嶋監督代行は「勝っていくことはいいこと。内容的にも」と評価した一方で「後ろで点を取られた(5回以降に5失点)のは、ちょっと嫌かな。あしたが大事になってくる」と気を引き締めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請