【オリックス】2年目・左沢が新型コロナウイルス感染 1軍と接触なし

新型コロナウイルス感染が判明したオリックス・左沢
新型コロナウイルス感染が判明したオリックス・左沢

 オリックスは23日、左沢優投手(25)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。20日に体調不良(37・8度)を訴え、翌21日に大阪市内の病院で抗原検査と血液検査を実施。陰性の判定だったが、念のためこの日にPCR検査を受けた結果、陽性と判定された。球団によれば1軍との接触はなく、NPBやソフトバンク側にも報告した上で試合を実施。2軍の監督、コーチ、選手、スタッフについては22日に定期のPCR検査を受けており、24日に検査結果が出るまでは自宅待機を指示している。

 左沢はプロ2年目の左腕で、今季は1軍で2試合に登板。現在は新型コロナウイルス感染症の症状(36・1度)はなく、保健所の指示によって24日から指定の宿泊施設で隔離療養を行う予定となっている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請