【広島】野村祐輔が今季最短の3回7安打4失点「先発の役割を果たせず申し訳ないです」

2回に2連続適時打を浴びて悔しがる広島・野村
2回に2連続適時打を浴びて悔しがる広島・野村

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人7―3広島(23日・東京D)

 広島の野村祐輔投手(31)が今季最短の3回7安打4失点で降板し、2敗目を喫した。

 2回先頭の丸に四球を与えてリズムを崩した。続く中島に右前打を浴びて無死一、二塁とされると、大城に右翼線を破る適時二塁打を許し、先制点を献上。さらに無死二、三塁では若林に適時二塁打を浴び、この回2点を失った。

 巻き返しを図ろうと気持ちを切り替えて3回もマウンドに上がったが、先頭の坂本に浮いた直球を右翼席スタンドギリギリに放りたたき込まれた。「回の先頭を大事にいきたい」と意気込んでいたが、2、3回ともに先頭を抑えられず。なおも、2死から中島に二塁打を許すと、大城の中前適時打で4点目を献上した。

 今季初登板の巨人戦で、チームトップタイの6勝目は飾れず。右腕は「先発の役割を果たせず、チームに申し訳ないです」とわびた。4年ぶりに東京Dでの負け越しが確定し、今季2度目の4連敗。佐々岡監督は「四球絡みの悪い流れがずっと続いてる。先発がしっかりしないといけない」と注文をつけ、「残り試合、広島で7試合ある中で巨人と戦う。やり返すという気持ちでまた地元で頑張ります」と諦めない姿勢を示した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請