【中日】キタキタ!今季初5連勝 14安打11点で2位・阪神と2・5差

帽子を間違えながらも2回無失点と好投した藤嶋。4回は通常の「CD」マーク(上)、5回は交換して「D」マーク(下)だった
帽子を間違えながらも2回無失点と好投した藤嶋。4回は通常の「CD」マーク(上)、5回は交換して「D」マーク(下)だった

◆JERAセ・リーグ 中日11―5ヤクルト(23日・ナゴヤドーム)

 秋の到来とともに竜が勢いづいてきた。中日は14安打11得点で今季初の5連勝。DeNAに完封負けした2位・阪神とのゲーム差は2・5へと近づいた。

 初回に山田哲の2ラン、3回に村上の2ランは浴びたが、3回に主将・高橋の2点適時打などで一挙3点を取り逆転。その後は5回に平田と木下拓の適時打で中押し、8回にはビシエドが14号グランドスラムでダメ押した。終わってみれば6点差の快勝劇だった。

 ハプニングすら笑い飛ばせた。4回1死一塁でマウンドに集結したナイン。3番手として登板した藤嶋を中心に笑みがこぼれた。まさかの理由は藤嶋の帽子間違い。今季4度目の昇竜ユニホーム着用日で本来ならかつて使用されていた「D」マークの帽子をかぶらなければいけないが、藤嶋だけが通常の「CD」マークをかぶっていた。

 4回はそのままプレー続行し、5回からは昇竜仕様にかぶり直して2回を無失点。6回から盤石のリリーフ陣、谷元、福、祖父江、R・マルティネスの“方程式”につないだ。6回終了時にリードしていれば勝利の“神話”も22連勝に伸びた。

 週末から首位・巨人と3連戦。一気に上位進出を狙う。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請