【中日】二塁手・阿部寿樹が芸術的な“併殺”でピンチを脱出

◆JERAセ・リーグ 中日―ヤクルト(23日・ナゴヤドーム)

 中日・阿部寿樹内野手(30)が頭脳的プレーで併殺を奪った。

 4回1死一塁。代打・太田の打球は力ない二塁・阿部へのゴロ。阿部はゴロを捕球後、一塁走者にタッチを試みようとしたが、そのまま追いかけてタッチにいけば一塁走者しかアウトにできないため、まずは一塁に送球し打者をアウトにした。その後、一塁手のビシエドが二塁ベースカーバーに入った京田に送球し、一塁走者の西田にタッチ。「4―3―6」の併殺が完成した。

 阿部の瞬時の判断でピンチの芽を摘みとり、一塁スタンドからは歓声が上がった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請