【巨人】大城卓三が先制打 若林晃弘も続いて連続タイムリー

2回無死一、二塁、大城卓三が右線適時二塁打を放つ
2回無死一、二塁、大城卓三が右線適時二塁打を放つ

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―広島(23日・東京D)

 巨人の大城卓三捕手(27)が先制打を放った。

 2回無死一、二塁。右腕・野村の内角高めスライダーをコンパクトに振り抜き、右翼線へ適時二塁打を放った。

 続く、若林晃弘内野手(27)も続いた。なおも二、三塁で外角低めのチェンジアップをバットの先で拾った。この飛球が遊撃手のと左翼手の間に落ちるポテンヒット。快足を生かし二塁まで進塁して適時二塁打とした。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請