別府大分毎日マラソン、来年2月の開催を断念…スマホアプリを利用した代替イベントを実施へ

今年の別府大分毎日マラソンのレース
今年の別府大分毎日マラソンのレース

 別府大分毎日マラソンの大会実行委員会は23日、来年2月7日に予定していた第70回大会の開催を見送り、1年延期することを発表した。

 開催が見送りとなるのは、1952年の第1回以降初めて。新型コロナウイルスの感染収束の見通しが立たず、感染防止を徹底できないことが理由。第70回大会は、2022年2月6日に実施する。大会会長を務める九州陸協の佐藤尚文会長は「本大会への出場を予定されていたランナーの皆さま、大会を心待ちにしていただいていた地元・大分県民、陸上ファンの皆さまには、ご期待に添えず、大変申し訳ありません」とコメントを発表した。

 来年2月には、代替イベントとしてスマホアプリを利用した「リモートマラソン別大チャレンジ2021(仮称)」の開催を予定。詳細は大会公式ホームページで告知する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請