【巨人】松原聖弥の先制2点二塁打を原監督も称賛「あそこに飛ばなければ2点入らない。よく打ちましたね」

3回2死一、二塁、先制の適時二塁打を放つ松原聖弥
3回2死一、二塁、先制の適時二塁打を放つ松原聖弥

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人5×―4広島(22日・東京D)

 巨人の松原聖弥外野手(25)が両軍無得点の3回2死一、二塁から先制の2点適時二塁打を放った。

 遠藤に対してフルカウントからの6球目、沈む変化球に体勢を崩されながらも右翼線へはじき返す技ありの一打に「打ったのはチェンジアップですかね。少しタイミングをずらされましたが、気持ちでバットに当てにいきました」とコメントした。

 原監督も「3―2というカウントになってね。あそこに飛ばなければ2点入らないという。よく打ちましたね」とたたえた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請