タチウオ132センチ! 異次元の引き…金沢八景・弁天屋

132センチの超大型タチウオを釣った高槻さん(弁天屋で)
132センチの超大型タチウオを釣った高槻さん(弁天屋で)
大型タチウオを釣り上げた櫻井さん
大型タチウオを釣り上げた櫻井さん

 テンヤ仕掛けで釣るタチウオの人気が急上昇している。関東でタチウオ釣りといえば、天ビン仕掛けかルアーが多かったが、数年前に関西からテンヤ仕掛けが伝わると、今年一気にブレイクした。130センチを超すドラゴン級が釣れるのが魅力だ。

 金沢八景の報知指定・弁天屋の乗合船で釣ってみた。釣り場は東京湾・走水沖。水深は60~70メートル。「(水深)58メートルから10メートル上ぐらいを狙ってください」と本田和芳船長の合図で仕掛けを投入する。誘い始めてすぐコツという前アタリ。ここでは合わせず、ストップ&ゴーで釣り続けていると、フワッと竿先が跳ね上がった。ここだ! 合わせると竿は大きな弧を描いた。

 ここからの引きは異次元だった。タチウオの強烈な引きにリールは空回り。竿先がグイグイと引き込まれる。大物釣りのようだ。4~5メートルほど巻き上げるとおとなしくなったが、水面近くでまた大暴れ。ヒヤヒヤしながらリーダーを持って船内へと取り込んだ。110センチを超す大型タチウオだった。その後もアタリは止まらない。しかし、なかなかハリ掛かりまで持ち込めないのがもどかしい。とはいえ、ハリ掛かりした時の達成感は、この釣りならではの面白さだ。

 取材した9日は大型がそろった。大田区の長井弘さん(69)は126センチを筆頭に120センチ台を3尾。合計でも18尾上げた。これには長井さんも「テンヤにはまりました。これから通いますよ」とニコニコ顔。同船したDAIWAの高槻さんも竿を出して132センチの超大型を上げ、乗船者から拍手喝采を浴びていた。(高田 典孝)

 ◆めも タチウオ釣りの近況、乗合船は金沢八景弁天屋(TEL045・701・9061、HP参照)。テンヤで狙う乗合船は小潮回り限定(中潮で出船の場合あり)で出る。午前7時15分出船。料金は氷1個、イワシ餌1パック付きで9000円。追加のイワシ餌は1パック400円。天ビン仕掛けで狙うタチウオ・LTアジのリレー船と午前タチウオ船もある。有料駐車場あり。京浜急行・金沢八景駅から徒歩3分。

 このほか以下の船宿からも乗合船が出る。

 太海港聡丸(TEL04・7092・0505)。リレーで

 富津港浜新丸(TEL0439・87・4967)。テンヤも可

 走水港関義丸(TEL046・841・7154)。テンヤも可

 片瀬港島きち丸(TEL0466・25・9642)。ルアー船で

 古宇港吉田丸(TEL055・942・2565)。夜釣り

132センチの超大型タチウオを釣った高槻さん(弁天屋で)
大型タチウオを釣り上げた櫻井さん
すべての写真を見る 2枚

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請