【広島】遠藤淳志、5回に痛恨の逆転被弾「ホームランの前の四球が余計だった」

5回、岡本に逆転2ランを浴びた遠藤
5回、岡本に逆転2ランを浴びた遠藤

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人5×―4広島(22日・東京D)

 先発した広島の遠藤淳志投手(21)は5回4安打4失点で悔しい降板となった。

 3回2死一、二塁から松原に右翼線へ2点二塁打を打たれて先制点を献上したが、直後の3回に長野の5号3ランで逆に援護点をもらった。

 それでも1点リードの5回。四球の走者を置いた2死三塁から高めに浮いた直球を岡本に捉えられ、22号2ランを左翼席に運ばれる。完投勝利を挙げた8月2日の巨人戦(東京ドーム)以来の3勝目を逃した高卒3年目右腕は「ホームランの前の四球が余計だった。インコースに投げようと思っていたが、コースが甘く入ってしまった」と猛省した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請