【巨人】サヨナラ打の吉川尚輝を原監督が絶賛 「存在感というものが出てきて、素晴らしい」

9回2死三塁、サヨナラ打を放ち喜ぶ吉川尚輝
9回2死三塁、サヨナラ打を放ち喜ぶ吉川尚輝

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人5×―4広島(22日・東京ドーム)

 巨人が吉川尚のサヨナラタイムリーで勝利。両リーグ最速の50勝で優勝マジックを「30」とした。

 4―4の9回2死一塁で相手投手・フランスアが一塁へけん制悪送球し、代走の若林が一気に三塁へ進みチャンスを広げた。吉川尚が1ボール1ストライクからライトへサヨナラタイムリーを放った。

 試合後に原監督は「非常に打率も上がってきている。勝負強さも出てきていますし、存在感というものが出てきて、素晴らしいですね」と称賛の言葉を贈った。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請