藤井聡太2冠対羽生善治九段戦は意表つく「横歩取り」で始まる…王将リーグ開幕戦

王将戦挑戦者決定リーグ開幕戦に臨んだ藤井聡太2冠(左)と羽生善治九段
王将戦挑戦者決定リーグ開幕戦に臨んだ藤井聡太2冠(左)と羽生善治九段

 将棋の第70期王将戦挑戦者決定リーグの開幕戦となる藤井聡太2冠(18)=王位・棋聖=対羽生善治九段(49)戦が22日午前10時、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。

 渡辺明王将(36)=名人、棋王=への挑戦権を目指すリーグは、大注目のカードで開幕した。先手・藤井2冠、後手・羽生九段の一局。戦型は藤井2冠が過去4勝6敗と唯一負け越している「横歩取り」に進んでいる。

 上位7人のみによって構成され、棋界最難関とも称される王将リーグ。今期は順位の上位者から広瀬章人八段(33)、豊島将之竜王(30)=叡王=、藤井、羽生、永瀬拓矢王座(28)、木村一基九段(47)、佐藤天彦九段(32)の7人が参加する。渡辺3冠を含めて将棋界8大タイトルの保持者の全員が集結。さらに、全員がタイトル経験者でもある。

 藤井2冠対羽生九段は公式戦で藤井の3勝0敗だが、羽生九段は調子を上げており、激戦が予想される。19日には、藤井2冠が完敗したことも記憶に新しい丸山忠久九段(50)との竜王戦挑戦者決定3番勝負第3局で完勝譜を披露。タイトル獲得通算100期を目指して豊島竜王への挑戦権を獲得したばかりだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請