【中日】1試合4安打2打点と復調気配の平田良介「調子は戻ってきている」

7回1死一、二塁、平田良介が左前打を放つ
7回1死一、二塁、平田良介が左前打を放つ

◆JERAセ・リーグ 中日9―3ヤクルト(21日・ナゴヤドーム)

 中日の平田良介外野手(32)が19年8月11日のDeNA戦(横浜)以来で、今季初めての1試合4安打を放った。今季は右肘の痛みなどもあり2軍で調整期間もあったが、完全に復調気配。2打点をたたき出し「調子は戻ってきている。あとは打つ球。どの球を打つか。今まで打ち損じばかりで、ファウルや内野フライになっていた。その打ち損じがなくなったのが良い結果につながっている」と、好感触を感じ取った。

 平田はヒーローとなった20日の阪神戦(ナゴヤD)の試合後に「(第4打席の前に)球の見方を思い出した。一つ大事なことを忘れていた。ボールは真っすぐ来ないということを思い出した。見上げるのではなく、見下ろす感覚というのを思い出したのが良かった」と、右前打を放った打席が覚醒ポイントだったと、前日に明かしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請