【中日】入場制限緩和後ナゴヤドーム3連勝 アルモンテの逆転弾など打線が爆発

3回2死一塁、ソイロ・アルモンテが右越えに逆転となる2ラン本塁打を放つ
3回2死一塁、ソイロ・アルモンテが右越えに逆転となる2ラン本塁打を放つ

◆JERAセ・リーグ 中日9―3ヤクルト(21日・ナゴヤドーム)

 恐竜打線がヤクルトを飲み込んだ。10イニング無得点だった天敵・山中からアルモンテの2ランなど3得点を挙げ4回でKO。5回も2番手・星からビシエドの犠飛、阿部、平田の適時打で一挙4点を奪い序盤で試合を決めた。19日に入場制限が5000人から1万1000人に緩和されてから本拠地・ナゴヤドームで3連勝。祝日だったこの日は、来場者全員に「昇竜レプリカユニホーム」の配布日ということも後押しし、定員1万1000人にあと2人に迫る、1万0998人が来場した。

 先発・勝野昌慶投手(22)は3回以外、毎回走者を背負ったが何とか試合を作り6回途中3失点で今季2勝目をつかんだ。「今日は野手の方に感謝しかありません」と、大量リードで援護した野手陣に頭を下げた。6回途中からは又吉、ゴンサレス、木下雄とつなぎ、勝ちパターンなしでも余裕で逃げ切った。

 これで6回終了時にリードしていれば20連勝と“神話”も継続。竜が乗ってきた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請