川崎がSNSでの差別・偏見にあたる投稿について声明を発表「絶対に許容しません」

スポーツ報知
Jリーグ公式球「TSUBASA(ツバサ、翼)」

 川崎は21日、SNSにおける差別的な表現や偏見、誹謗(ひぼう)中傷にあたる投稿について断固反対する声明を発表した。「川崎フロンターレは、差別、偏見、誹謗中傷にあたる行為は絶対に許容しません」と声明を出した。

 20日の浦和戦後に、SNS上で実在の川崎サポーターになりすましたアカウントで、浦和所属選手に対する差別的な投稿が発覚。「今回の差別、偏見、誹謗中傷となりうる表現や投稿については、Jリーグ統一禁止事項、並びに社会通念に照らし合わせても、他者になりすまし、実在のユーザーが発言したかのように見せかけ投稿する行為そのものとあわせ、弁解の余地はなく、断罪されるべきであると考えます」と強調した。

 さらに「私たち自身も被害者の立場として、様々な皆様との関係に悪影響を及ぼし、弊クラブの信用失墜にもつながることから、これ以上の被害の拡大を防止するためにも、注意喚起だけではなく直接的、具体的な対応が必要であると考え、適切な方針を提案してもらうべく、顧問契約を結んでいる弁護士事務所と具体的な調整に入りました」とクラブ全体で被害の拡大防止に取り組むとした。

 また、SNS上で今回のような書き込み等を見つけた場合は、スクリーンショット機能などを使い、早期の証拠保全に協力して欲しいと呼びかけた。

サッカー

×