【阪神】岩田稔は今季初登板初勝利ならず 5回3失点

5回、勝ち越しの中前適時打を許した阪神・岩田(左、捕手・原口)
5回、勝ち越しの中前適時打を許した阪神・岩田(左、捕手・原口)

◆JERAセ・リーグ 阪神―DeNA(21日・甲子園)

 今季初登板の阪神・岩田稔投手(36)が5回4安打3失点で、昨年7月5日の広島戦(甲子園)以来の白星を逃した。

 初回1死満塁のピンチで宮崎を三ゴロ併殺打に抑え、ピンチを切り抜けた。その後はリズムの良い投球を見せていたが、4回、先頭・オースティンに右中間への7号ソロを被弾。5回には先頭・柴田に左前安打を許すと、バントを試みていた投手の京山にまさかの四球。1死二、三塁から梶谷の中前適時打とソトの中犠飛で追加点を許した。

 岩田は前日(20日)に「こういうチャンスはなかなか訪れない可能性もあるので、その場面を楽しんで投げられたらと思います」と意気込んでいたが、粘りきることができなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請