【ロッテ】沢村拓一、移籍後初セーブも10回2死から3四球「はっはっはっ!大反省です」

10回2死満塁、渡辺を二ゴロに打ち取り移籍後初セーブを挙げ胸をなでおろす沢村(カメラ・越川 亘)
10回2死満塁、渡辺を二ゴロに打ち取り移籍後初セーブを挙げ胸をなでおろす沢村(カメラ・越川 亘)
先発の美馬(左)に迎えられた沢村(カメラ・越川 亘)
先発の美馬(左)に迎えられた沢村(カメラ・越川 亘)
ロッテ10回の守り
ロッテ10回の守り

◆パ・リーグ 日本ハム3―5ロッテ=延長10回=(20日・札幌ドーム)

 ロッテの沢村は底抜けに明るかった。2点リードの延長10回。2死から3四球で満塁とされたが、ギリギリで踏みとどまった。試合後のベンチ裏。移籍後初セーブと知らされると、野太い声で笑った。

 沢村「はっはっはっ! 大反省です! (四球)1つくらいならしょうがないけど、今日は3つなので」

 拭った汗には、冷や汗も交じっていただろう。守護神の益田が同点の9回に登板していたため、2点を勝ち越した直後の10回、クローザー役を託された。元同僚の大田を空振り三振に仕留めるなど簡単に2死を奪ったが、最後に移籍後初の試練が待っていた。

 平沼に四球を与えて新天地4試合目で初の走者を許すと、7球連続ボールを含め、3連続与四球。慎重な沢村が顔をのぞかせたが、土壇場で開き直った。2死満塁からストレートにめっぽう強い“直球破壊王子”の異名を持つ渡辺に直球勝負で二ゴロ。トレード加入後、4試合連続無安打無失点で初セーブをマークした。

 沢村「ホッとしました。チームが連敗中だったので、一つとれたのは大きい。でも、個人的には、もっと大胆に行けば良かった。反省点です」

 新加入の剛腕が踏ん張り、首位ソフトバンクと1・5ゲーム差に再接近。試合後は猛スピードで着替え、チームとともに仙台へ移動した。「また勝利に貢献できるように頑張りたいです」と話す沢村の表情は使命感に満ちていた。必要とされる喜びを力に変え、次戦もブルペンの電話が鳴る時を待つ。

試合詳細
10回2死満塁、渡辺を二ゴロに打ち取り移籍後初セーブを挙げ胸をなでおろす沢村(カメラ・越川 亘)
先発の美馬(左)に迎えられた沢村(カメラ・越川 亘)
ロッテ10回の守り
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請