【楽天】鈴木大地、同点弾&好捕で勝利に貢献

4回に同点ソロを放ちベンチの出迎えを受ける鈴木大(左)
4回に同点ソロを放ちベンチの出迎えを受ける鈴木大(左)

◆パ・リーグ ソフトバンク2―3楽天(20日・福岡ペイペイドーム)

 楽天は首位のソフトバンクに3―2で競り勝って連勝。2カードぶりにカード勝ち越しを決めた。「2番・一塁」で先発出場した鈴木大地内野手(31)が4回に同点の3号ソロを放つと、守備でも勝利に貢献した。

 1点を先制された直後の4回先頭。鈴木大が、嫌なムードを一振りで振り切った。初球の外角直球をフルスイング。打球は右中間ホームランテラス席で弾んだ。実は打席に入る前、兼任コーチの渡辺直人内野手(39)からアドバイスをもらったという。「打ったのはストレート。(渡辺)直人さんのアドバイスで打てました」。今季限りで現役を引退するベテランの助言に感謝した。

 9回には守備でもチームを救った。2点をリードしながら1点を返され、なおも2死満塁の場面。栗原の鋭いライナーをジャンプして好捕。ライト前に抜けていれば間違いなく逆転サヨナラ負け…というピンチを防いだ。首位相手に連勝し、三木肇監督(43)は「ベンチも一体となってしっかり戦えた」とうなずいた。自力優勝の可能性こそ消滅したが、楽天ナインは最後まで諦めない。(高橋宏磁)

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請