【阪神】3安打2得点で中日にカード負け越し…矢野監督「点取れなかったところが敗因」一問一答

選手交代を告げる阪神・矢野監督
選手交代を告げる阪神・矢野監督

◆JERAセ・リーグ 中日4―2阪神(20日・ナゴヤドーム)

 阪神が代打・長坂の1号2ランの2得点に終わり、中日に連敗。2カード連続の負け越しを喫した。打線全体はわずか3安打。首位・巨人とは再び10・5ゲーム差に広がった。

 2か月ぶり1軍登板の中田は2回に先頭から4連打を浴びるなど一挙3失点。古巣相手に今季最短の2回3失点で2敗目となった。打線は3回無死一塁で長坂が代打で2年連続の初打席アーチを放ったが、6回2死一、二塁で大山が左飛に倒れるなどゲーム終盤の好機を生かせなかった。

 矢野監督の一問一答は以下の通り。

 ―きょうは打線が…

 「中田ももちろん、立ち上がりよかったから少ない失点で頑張ってもらいたいっていうのはもちろんあるし。1点でも少なくいってくれればもちろんよかったし。まあ3点とられたっていうのはちょっと流れ的にもしんどかったかなって。でも拳弥(長坂)があそこで打ってくれていけるっていうね。取られた後にすぐ取れたから。でも結果的にやっぱり、点取れなかったっていうところが敗因じゃないの」

 ―中田は初回の投球が良かっただけに、2回での降板は

 「もちろん投げさせたいし、我慢させたいんだけど、試合もこれだけ消化してきてる中で、まあね。春先の試合とは意味合いが違うのでね。ゲーム差あけられてる中ではやっぱり、ある程度早めにいくのは仕方がないかなっていうところで交代したんだけど」

 ―救援陣は粘ったが

 「ねえ。チャンスは何回もあったし、あと一本というところが出なかったというところだと思うんでね。さっき言った打線ていうのはそこだと思うけど」

―長坂は少ないチャンスをものにした

 「びっくりするような、本当に必死にやってる結果がね、こうつながってるし。まあその少ないチャンス、みんな通る道やけど、そこからね、こじ開けていって。代打で出るっていうタイプではないと思うんで。リュウ(梅野)が現状こうなったところではね、アピールしてくれたら、チャンスは本人自身がつかめると思うので、本当に素晴らしいバッティングをしてくれた」

 ―決定打、あと1本が課題か

 「それも課題やし。陽川のところ、バントをもちろんしっかりやらないといけないし、流れ的にやることをやったかと言われれば、そういう部分もあるしね。でも、誰かがカバーしていかないと。ミスしたら誰かがカバーして打ってやれば、陽川のそういうのも消えてくると思うし。中田賢ちゃんのああいうのも、打線が援護してあげれば変わるわけだから。そういうところのチームワークというか、そういうのが求められる部分と思う。思いはね、みんなやってくれているんだけど、ここまでくると結果で示すしかできないんでね。そこだと思います」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請