少年隊の錦織一清と植草克秀が年内で事務所退所 グループは“3人組”で継続 12月に35周年記念ベスト盤発売

ジャニーズ事務所
ジャニーズ事務所

 ジャニーズ事務所は20日、3人組「少年隊」の錦織一清(55)と植草克秀(54)が年内で退所すると発表した。東山紀之(53)だけが事務所に残留する形となるが、事務所は「功績とメンバーの意向を尊重し、その名を残すことといたしました」とグループは解散でも活動休止でもなく「存続」。錦織と植草の2人は退所後も“屋号”を使うことが可能という超異例の形となる。

 85年に「仮面舞踏会」でCDデビューし、今年で35年を迎えた。3人はファンクラブ会員向けに、それぞれ報告。東山は「親兄弟よりも濃密な35年間を過ごしてきましたし、その中で、誰よりも長い青春時代を2人と過ごせた事を誇りに感じています。2人は最高の戦友」と退所する2人に向けた思いをつづった。

 錦織は今後、ジャニーズ時代に引き続いて演出業を中心に活動を繰り広げるとみられる。「この歳になって本当の意味のひとり暮らしをしたいという希望を伝えたところ、快く承諾していただけたことに、心から感謝。恵まれすぎていた環境を飛び出し、これからたくさんの厳しさを味わっていかなければなりません。ジャニーズ事務所の教えで、はねのけて行こうと思います」と決意。また植草は自身の退所を「卒業」と表現。「酸いも甘いも経験した上で、来年よりピュアな気持ちで、新たなスタートラインに立ち、挑戦して行きたいという思いから卒業を決意致しました」と今後への思いを明かした。

 少年隊は85年に「仮面舞踏会」でCDデビューし、今年で35年。デビュー翌年から08年までの23年間、主演ミュージカル「PLAYZONE」(東京・青山劇場)を上演するなど、前社長のジャニー喜多川さん(享年87)が心血注いだジャニーズ王道のグループとして一時代を築いた。「PLAYZONE」の後、3人で活動することはほとんどなく、音楽作品も06年発売のシングル「想 SOH」以降ずっと遠ざかっていた。10年のデビュー20周年以降も表立った活動はなかったが、35周年の節目となるデビュー記念日の12月12日にベストアルバム「少年隊 35th Anniversary BEST」、「PLAYZONE」のDVD BOXが同日発売されることも発表された。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請