【中日】松葉貴大が5回2失点「点を取ってくれた後の四球を反省」

5回2安打2失点で降板した中日・松葉
5回2安打2失点で降板した中日・松葉

 ◆JERAセ・リーグ 中日―阪神(20日・ナゴヤドーム)

 中日・松葉貴大投手(30)が5回2安打2失点で勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りた。味方が3点を先制した直後の3回に代打・長坂に2ランを献上したが、4、5回は3者凡退に抑えた。

 71球で降板した左腕は「前回の反省をいかして、立ち上がり良い形で入れたが、味方が点を取ってくれた後の四球を反省しなければいけないし、失点につながってしまった。先発投手としてもっと長いイニングを投げられるように、しっかり練習したい」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請