「ミレニアム世代」古江彩佳と28歳の東浩子が通算15アンダーで首位に並びプレーオフ突入

1番、ティーショットを放つ東浩子
1番、ティーショットを放つ東浩子
1番、ティーショットを放つ古江彩佳
1番、ティーショットを放つ古江彩佳

◆女子プロゴルフツアー デサント東海クラシック 最終日(20日、愛知・新南愛知CC美浜C=6456ヤード、パー72)

 最終ラウンド(R)が行われ、首位に並んで出た古江彩佳(20)と東浩子(28)がそれぞれスコアを4つ伸ばし、通算15アンダーに並んでホールアウト。勝敗はプレーオフで決着をつける。プレーオフは18番ホールで行われ、2回目と5回目終了時にピン位置が切り替えられる。

 最終18番グリーン上では、古江が先に打って約15メートルのバーディーパットを沈めた。それを見ていた東だが、表情を引き締め、約8メートルのバーディーパットを決めきり、プレーオフに持ち込んだ。

 古江は昨年10月の富士通レディースでアマチュア史上7人目のツアー優勝を果たして以来、プロ初勝利を狙う。一方、東はプロ9年目で念願のツアー初優勝を目指す。

1番、ティーショットを放つ東浩子
1番、ティーショットを放つ古江彩佳
すべての写真を見る 2枚

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請